貞享2年の地震

災害年月日
1686年01月04日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
地震・津波  
概要
貞享2年(1685)12月10日、安芸灘を震源とするM7.0の地震が発生し、安芸で潰家が多く、伊予でも被害が続出した。道後温泉は泥湯を出し、大洲地方の揺れは甚だしかった。三瓶町でも震度5以上の揺れがあり、家屋、施設などに被害があったであろうと推定される。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 上巻」(三瓶町、1983年)、105頁及び114頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 道後温泉
NO.
愛媛338

よく似た災害

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日夜6ツ半時、伊予灘東部でM6.9の地震が発生した。「松山史要」によれば、3月10日より15日まで地震が起こり、損害が多か... 続きを読む

貞享2年12月10日の地震

貞享2年(1685)12月10日、安芸を震源とするM7.0の地震により、大洲地方甚だしく、道後温泉で泥湧出す。 続きを読む

平成26年の伊予灘地震

平成26年(2014)3月14日、伊予灘の地震により、西予市明浜町・三瓶町で震度5強、宇和町・野村町・城川町で震度4。三瓶町で住宅の一部破損及び道路損... 続きを読む

貞享3年の地震

貞享3年(1686)12月10日、安芸の地大いに震い、家屋倒壊するもの多かった。長門及び伊予にも被害あり。(「大日本地震史料」による)地震により、泥湯... 続きを読む

寛延2年の地震

寛延2年(1749)4月10日巳の下刻、瀬戸町三机周辺部を震源とするM7.0の地震が発生し、宇和島城が破損し、その他にも被害が多く出た。(「宇和島御記... 続きを読む