明治24年の地震

災害年月日
1891年10月16日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
地震・津波  
概要
明治24年(1891)10月16日7時6分頃、豊後水道南西部でM6.6の地震が発生し、大分県東部の被害が大きかった。南予の被害はほとんどなし。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 上巻」(三瓶町、1983年)、132頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
愛媛346

よく似た災害

昭和13年1月の地震

昭和13年(1938)1月2日0時12分、紀伊水道田辺市沖を震源とする地震が発生した。脇町の震度は3で、被害はほとんどなし。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、大干ばつで市内の被害大。収穫ほとんどなし。 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風が高知県の室戸から本県東部を通り阪神間に抜けた。風雨ともに強かった割りに、人命損はほとんどなかった。 続きを読む

明治24年の濃尾地震

明治24年(1891)10月28日、濃尾大地震。徳島県では被害はほとんどなし。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島... 続きを読む

明治42年の日向灘地震

明治42年(1909)11月10日、日向灘地震(M7.9)発生、須崎ではほとんど被害なし。 続きを読む