大正10年の地震

災害年月日
1921年09月06日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
大正10年(1921)9月6日2時59分、大分県佐伯付近でM5.7の地震が発生した。数日前からの降雨で弛緩した崖が崩れる被害があった模様である。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 上巻」(三瓶町、1983年)、134頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 崖崩れ
NO.
愛媛350

よく似た災害

明治43年の台風

明治43年(1910)9月7日夕方、台風が天草島から上陸し、瀬戸内を通った。高知県での降雨は3日~8日、5、6日に集中し、各日100~200ミリを記録... 続きを読む

安政2年の風雨

安政2年(1855)7月13日、野分けの模様であったが、夕方より風雨ともに始まり十分の降雨。(「敷太家記録」による) 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月15日、鏡川の雁切橋付近の堤防が大破して田畑に浸入した洪水と、五丁目南の霞堤から浸入した洪水が思案橋から北に流れ、井口・小高坂... 続きを読む

徳治2年の洪水

徳治2年(1307)、那賀川の大洪水で和食の満宝寺の伽藍と本尊が流出した。その後、13年経って僧性弁が再興したことを記した薬師如来の裏板文が無量院に残... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月7日~10日の阿久根台風により、松山の総降雨量は308ミリを記録した。10日に松前町出合量水標の水位は5.1mに達し、前月... 続きを読む