昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日4時19分、潮岬南方の南海トラフで南海地震が発生し、津波を伴い、被害は中部地方から九州に及んだ。愛媛県の被害は死者96人、負傷者32人、住家の全壊155戸、半潰425戸、家屋の浸水320戸等を記録した。三瓶町では震度4で、震害は軽微であった。三瓶町の沖積地では数十cmの沈降があった。また、八幡浜氏川上町では沈降量が局地的に70cmに達した所もあると言われている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 上巻」(三瓶町、1983年)、137-140頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 地盤沈下
NO.
愛媛354

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、徳島臨海平野では数十cmの地盤沈下が生じた。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、八幡浜市の沈下量は16cmであった。西宇和郡は山が多く地盤沈下による大きな被害はない。磯津村では磯... 続きを読む

昭和19年の東南海地震

昭和19年(1944)12月7日13時35分、南海トラフ東部でM8.0の東南海地震が発生し、津波により静岡、愛知、三重を中心に被害が集中した。震源から... 続きを読む

平成26年の伊予灘地震

平成26年(2014)3月14日、伊予灘の地震により、西予市明浜町・三瓶町で震度5強、宇和町・野村町・城川町で震度4。三瓶町で住宅の一部破損及び道路損... 続きを読む

慶安2年の地震

慶安2年(1649)2月5日、伊予灘を震源とするM7.1の地震が発生した。三瓶町の震度は6程度で、当町の地震としては最大規模のものであったと推定されて... 続きを読む