安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日夕七ツ半時より地大に震う。家屋が倒壊し、多くの人は竹林中に避難す。暮六ツ時に至りて、津波が襲来して家屋を浸潤する処あり。 7日四ツ半また大に震う。その後12月2日まで震動止まず。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 下巻」(三瓶町、1983年)、264頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政南海地震 津波
NO.
愛媛361

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、南海地震が起き、津波が襲来した。この論文では、安政南海地震・津波に関する碑として、宇佐町萩谷の「南無阿弥陀仏」碑(土佐... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、南海地震が起き、津波が襲来した。この論文では、安政南海地震・津波に関する碑として、宇佐町萩谷の「南無阿弥陀仏」碑が紹介... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日16時35分頃、M8.4の地震が発生し、その後津波が襲来した。被害は死者372人、流失3,818戸、全壊4,815戸、半... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日16時35分頃、M8.4の地震が発生し、その後津波が襲来した。被害は死者372人、流失3,818戸、全壊4,815戸、半... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、地震が発生し、津波が襲来した。香川県では香西地区で満潮の際、潮位が平常より1尺余(0.3m)高くなった。 続きを読む