昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県宇和島市(吉田町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、南予から東予地方にかけて40~80cmの地盤沈下をきたし、吉田町でも被災した海岸地区の高潮対策として防潮堤の増築などの防災工事が行われた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
吉田町誌編纂委員会編「吉田町誌 下巻」(吉田町教育委員会、1976年)、13頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下
NO.
愛媛375

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、地盤沈下が起こった。沿岸地区の農地300余町歩が耕作不能となったため、復旧対策として客土事業を施行... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時半、大地震が起きた。冷田川の下流から、約3mの高さの高浪が上流に向かって遡ってきた。通り過ぎた後は、川一杯に... 続きを読む

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日、台風16号により、久枝海岸の防潮堤決壊200m、稲生地区では下田川の高潮が逆流浸水した。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、土佐沖で南海地震が発生し、宇摩地方の海岸の地盤は0.5m以上沈下した。八綱浦などの広い海岸や砂浜は海底に没し、海岸... 続きを読む

平成16年の台風23号

image

平成16年(2004)10月20日14時40分頃、台風23号により、菜生海岸で防潮堤が30mにわたり倒壊し、越波で背後の住宅が被災して3人が亡くなると... 続きを読む