安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
愛媛県鬼北町(日吉村)
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日~14日の10日間にわたる大地震により、瓦は落ち、家は倒れ、土地の亀裂は1m以上に及ぶものもあり、ため池の水は溢れ、山上の岩石は転落して、さらに対岸にはね上がった。川の水は奔流したり、逆流したりして、人々は火を消し、戸を開けて、眠りにつく者なく、戸板を持ち出して、地上に敷いたり、竹やぶに避難した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
日吉村誌編集委員会編「日吉村誌」(日吉村誌編集委員会、1968年)、9頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 土砂災害
NO.
愛媛378

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日~14日の10日間にわたる大地震により、瓦は落ち、家は倒れ、土地の亀裂は1m以上に及ぶものもあり、ため池の水は溢れ、山上... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日巳の上刻(午前10時過ぎ)地震が起こったので、人々は戸外に走り出て、注意深い人は火の片付けをしたりしたが、煙草を5、6服... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日7ツ半、地震が起こった。「春秋自記帳」によれば、小半時激しい震動があり、人々は竹やぶに避難した。夕方には津波が計11回襲... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、大地震があり、障壁を倒し、人々は小屋がけをして難を逃れた。(「郷土誌北伊予村」による) 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日午後5時頃から、大地震が起こり、人畜、家屋にも多数の被害が出た。地震から3日目の7日夕刻にどこからともなく山を越えて大津... 続きを読む