昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県松野町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、家屋や人畜に被害はなかったが、地盤に変動が起こり、井戸水が涸れるところが出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須田武男編「松野町誌」(松野町、1974年)、62頁及び65頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 毛利氏歴要紀略
NO.
愛媛384

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、家屋や人畜に被害はなかったが、地盤に変動が起こり、井戸水が涸れるところが出た。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震により地盤変動が起こり、那賀川から吉野川の河口にかけて20~30cm沈下したと言われる。堤防の復旧工事が昭和24年(1... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海大地震が発生した。土佐山田町でも道路に亀裂、家屋に損壊が各地で起こり、泉や井戸水の水涸れ等の減少... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、紀伊半島を震源とするM8.1の南海地震が起こった。小松島市では、この地震によって各地で地盤変動が起き... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)夏、40日間雨なし。春から夏にかけて降雨乏しく、井戸水の枯れるところが出る。(高松気象台の資料による) 続きを読む