昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県愛南町(内海村)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、推定M8.0の南海地震が起こった。被害は中部以西の日本各地にわたった。また、この地震による津波が静岡県から九州に至る海岸を襲った。内海村では津波による被害はなかったものの、激しい揺れを感じた。昭和20年代に村内各集落が簡易水道を整備したのは、この地震の影響で井戸水が出なくなったためである。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
内海村史編纂委員会編「新訂 内海村史」(内海村、2004年)、427頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 簡易水道
NO.
愛媛398

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の地震・津波により、人的被害は高知で680人、徳島で210余人に及んだ。高知県では須崎市で60余人、甲浦で... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の地震・津波により、人的被害は高知で680人、徳島で210余人に及んだ。高知県では須崎市で60余人、甲浦で... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかっ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、地震が発生した。高知県の被害は流失家屋566戸、全壊家屋4,824戸、半壊家屋9,312戸、焼失家屋19... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、地震が発生した。高知県の被害は流失家屋566戸、全壊家屋4,824戸、半壊家屋9,312戸、焼失家屋19... 続きを読む