安政3年の地震

災害年月日
1856年00月00日
市町村
愛媛県愛南町(御荘町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政3年(1856)、御荘一帯に大地震と津波が起こった。古老の話にいよると、何日も大地が揺れ、人々は山や竹やぶに避難したが、揺れがひどいときは足をすくわれて歩けなかったという。地震の後の津波が大変で、中浦湾では海の底が干し上がるくらいに潮が引いたかと思うと、見る間にふくれあがり、平地の人家はほとんど浸水して畳や座板まで流された。何戸かの家が流されたというが、人には被害がなかった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
御荘町史編集委員会編「御荘町史」(御荘町、1970年)、264-265頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 津波 中浦湾
NO.
愛媛402

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日に大地震が発生した。山河内字大越の志茂田家の文書によると、4日午前10時頃に地震が起こり、1時間ほどで静かになった... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月、大地震が起こった。余震が続く中、南の尾根や峠を越えて大津波が佐川の盆地に襲うという流言が伝わり、狼狽した村人は食料、家財を... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、大地震と大津波があった。津波は川伝いに小山の上手、浪切不動の辺りまで寄せたという。当時を知る人が残した話では、中里・木... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日朝辰の下刻(午前9時頃)、大地震があり、5日夜明けまで5、6度揺れ、人々は林藪に逃げる。5日午後3時頃と8時頃に大地震が... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月、大地震あり、外海浦に津波あり。鳴動は数日に及ぶ。人々は天地にその鎮撫を祈った。 一本松町正木の「蕨岡家文書」によると、11... 続きを読む