昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月00日
市町村
愛媛県愛南町(御荘町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月、潮岬南西を震源とした南海地震により、この地方でも震度5の揺れとなり、まもなく津波が押し寄せ、御荘湾の真珠筏に被害が出た。また、御荘湾の海岸一帯に護岸の亀裂や海岸線の沈下が起こった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
御荘町史編集委員会編「御荘町史」(御荘町、1970年)、267-268頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 御荘湾 地盤沈下
NO.
愛媛403

よく似た災害

昭和39年の地震津波

昭和39年(1964)3月28日、アラスカ湾を震源とするM8.4の地震により、御荘湾内で真珠筏に軽微な被害が出た。 続きを読む

平成2年の台風14号

平成2年(1990)8月22日、台風14号により、真珠筏に被害が出た。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早朝、潮岬南南西約50kmでM8.0の大地震が起こった。中部地方以西に大きな被害をもたらし、死者1,300人余り、全... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月、チリ地震による津波が押し寄せ、御荘湾でもわずかな時間に上下4mを超す潮位差で潮の出入りが繰り返された。平山、成川、赤水、高... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日午後4時過ぎ、大激震が起こり、ついで大津波が押し寄せた。入野の加茂八幡宮の境内にある「安政津浪の碑」によると、地震により... 続きを読む