明治36年7月の大雨

災害年月日
1903年07月07日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
明治36年(1903)7月7日~9日、瀬戸内海中部より関東にかけて大雨となり、特に近畿地方付近は甚だしく、死傷、堤防決壊、浸水が多かった。(気象庁「気象要覧」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、15頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大雨 死者 堤防決壊 気象要覧
NO.
香川5234

よく似た災害

昭和26年7月の大雨

昭和26年(1951)7月7日~16日、大雨が続き、四国・近畿地方で多くの被害を出した。香川県内の被害は、死者2人、行方不明1人、家屋の半壊3戸、流失... 続きを読む

昭和35年7月の大雨

昭和35年(1960)7月7日~8日の大雨により、西讃地方の雨量は200ミリ前後、東讃の雨量は100ミリ前後となり、西讃で被害が多かった。県下の被害は... 続きを読む

昭和28年7月の大雨

昭和28年(1953)7月18日、梅雨前線の停滞により、香川県では雷鳴を伴った大雨が降り、県中央部では特に甚だしかった。県下の被害は死者1人、行方不明... 続きを読む

明治25年の洪水

明治25年(1892)9月、県下大降雨により諸川洪水となり、堤防決壊多かった。日開谷川の出水甚だしく、平地裏、ホウソの瀬、樅の木、相栗、大影等の橋梁流... 続きを読む

弘化3年7月の大雨

弘化3年(1846)7月朔日より風雨。3日風雨甚だしく出水。8日また風雨激しく、9日風雨ますます甚だしく人家数多破損。17日夜、大風雨。この年、数度の... 続きを読む