明治36年7月の雷雨

災害年月日
1903年07月24日
市町村
香川県
災害種類
その他(落雷)  
概要
明治36年(1903)7月24日5時48分、松山地方に発した雷雨は東方に進み、内海では雷鳴強く、香川・徳島両県では各地で落雷があった。(気象庁「気象要覧」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、15頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
落雷 気象要覧
NO.
香川5235

よく似た災害

大正5年9月1日の雷雨

大正5年(1916)9月1日11時頃より16時頃まで、香川・徳島両県下で雷雨があり、香川県下で落雷が6回あった。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む

大正5年8月28日の雷雨

大正5年(1916)8月28日14時頃から、香川・愛媛両県で雷雨があり、落雷、出水を伴った。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む

明治39年8月の雷雨

明治39年(1906)8月13日17時頃、香川県沿岸部で落雷があり、樹木に被害があった。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む

大正2年12月の雷雨

大正2年(1913)12月7日14時頃、松山、新居浜、多度津、岡山、神戸等で強烈な雷雨があり、各地で降雹があった。また、多度津地方では落雷もあった。(... 続きを読む

大正4年12月の雷雨

大正4年(1915)12月16日、香川県下で降雹、降霰があり、2、3箇所で落雷があった。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む