明治37年9月の台風

災害年月日
1904年09月16日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
明治37年(1904)9月16日夜より17日朝、暴風雨により小被害。(多度津測候所「香川県管内気象年報」による)/県内の雨量70~200ミリ。(月表による)/多度津の最大風速は北22.9m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、15-16頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 香川県管内気象年報
NO.
香川5238

よく似た災害

明治40年8月の台風

明治40年(1907)8月24日、台風による暴風雨のため、東讃地方では雨量が多く、洪水のため水害を被った。(多度津測候所「香川県管内気象年報」による)... 続きを読む

明治32年7月の台風

明治32年(1899)7月8日、暴風雨が襲来し、被災者が多数にのぼった。(「高松市史年表」による)/県内の雨量は50~100ミリ。(月表による)/多度... 続きを読む

大正元年9月の台風

大正元年(1912)9月22日~23日、台風により、県内では約40時間降雨が続いた。このため、河川は増水氾濫して大水害を起こし、人畜の死傷、田畑の流失... 続きを読む

明治44年8月の台風

明治44年(1911)8月15日、台風が九州南端より接近し、大雨と強風のため多大な被害が出た。(多度津測候所「香川県管内気象年報」による)/県下の被害... 続きを読む

大正13年10月の台風

大正13年(1924)10月8日、台風により、香川県内では大川郡の被害が最も多く、橋の流失、堤防等の被害があった。県内の雨量は10~150ミリであった... 続きを読む