大正元年9月の台風

災害年月日
1912年09月22日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月22日~23日、台風により、県内では約40時間降雨が続いた。このため、河川は増水氾濫して大水害を起こし、人畜の死傷、田畑の流失等多くの被害があった。(多度津測候所「香川県管内気象年報」による)/県内の雨量15~400ミリ。(月表による)/多度津の最大風速は北北西34.3m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、19頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 洪水 死者 香川県管内気象年報
NO.
香川5255

よく似た災害

明治43年11月の落雷・降雹

明治43年(1910)11月11日、落雷と降雹があった。(多度津測候所「香川県管内気象年報」による) 続きを読む

明治43年7月の雷雨

明治43年(1910)7月12日夜、数箇所で落雷があった。(多度津測候所「香川県管内気象年報」による) 続きを読む

大正元年8月の台風

大正元年(1912)8月23日夜から24日朝にかけて、台風が高知市の東方に上陸、香川県東部を経て北上した。この台風は風雨が強く、特に高松付近の被害は大... 続きを読む

明治39年1月の雷雨

明治39年(1906)1月25日、雷雨のため、坂出付近で霰、落雷があった。(多度津測候所「香川県管内気象年報」による) 続きを読む

明治44年9月の台風

明治44年(1911)9月21日、台風により県内で100~150ミリの降水があったが、風は弱く、著しい被害はなかった。(多度津測候所「香川県管内気象年... 続きを読む