大正3年10月の強風

災害年月日
1914年10月20日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
大正3年(1914)10月20日、発達した低気圧が日本海に入り、宗谷海峡を経てオホーツク海に進んだ。このため、香川県地方では風力が増大し、沿岸では高波のために堤防が破壊され、家屋、田地に海水が浸入し、多少の被害があった。(気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風速は西南西22.1m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、20頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
強風 低気圧 高波 堤防破壊 気象要覧
NO.
香川5260

よく似た災害

昭和25年11月の強風

昭和25年(1950)11月14日14時頃、満潮と強風のため、仲多度郡白方村沿岸で石垣が崩れ、家屋に海水が浸入した。(四国新聞による)/高松の最大風速... 続きを読む

大正15年12月の強風

大正15年(1926)12月7日~8日、不連続線通過後の強風のため、三豊郡和田村と高松市の海岸堤防が崩壊し、多度津付近でも海水が浸入した。土讃線金蔵寺... 続きを読む

昭和25年5月の高潮

昭和25年(1950)5月18日1時頃、大川郡引田小学校付近で満潮時に海水が浸入し、40haの田畑が冠水した。(四国新聞による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震(M8.1)が起こった。四国の南部では著しく土地が隆起し、四国北部では沈下した。沈下は新居浜市付近で55c... 続きを読む

明治27年の海水浸入

明治27年(1894)、井田浜新田が決壊し、海水が浸入した。 続きを読む