大正8年9月の台風

災害年月日
1919年09月14日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
大正8年(1919)9月13日夜から雨が強くなり、14日朝になって豪雨となって、降雨は2昼夜余にわたった。県内の降水量は80~300ミリとなり、各河川は出水し、堤防決壊6箇所、橋流失3箇所、家屋・田畑の浸水が若干あった。また、溺死者1人、圧死者5人を出した。汽車、電車は一時不通となった。なお、風が弱かったため風害はなく、稲作にはかえって好結果をもたらした。(気象庁「気象要覧」、月表による)/多度津の最大風速は西10.1m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、28頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 豪雨 洪水 堤防決壊 死者
NO.
香川5294

よく似た災害

明治43年9月の台風

明治43年(1910)9月8日、台風により、徳島県では各河川の水害を見たが、風が弱かったので割合に軽微だった。/大洪水、崩壊数箇所、川口で一家埋没、死... 続きを読む

明治43年9月の台風

明治43年(1910)9月8日、台風により、徳島県では各河川の水害を見たが、風が弱かったので割合に軽微だった。/大洪水、崩壊数箇所、川口で一家埋没、死... 続きを読む

明治43年9月の台風

明治43年(1910)9月8日、台風により、徳島県では各河川の水害を見たが、風が弱かったので割合に軽微だった。/大洪水、崩壊数箇所、川口で一家埋没、死... 続きを読む

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月20日~21日、台風。この台風は暴風時間が短かったことと、雨量が比較的少なかったため大した被害はなかったが、果樹、野菜と多少の... 続きを読む

大正元年8月の台風

大正元年(1912)8月23日夜、土佐沖を北上した台風が夜須付近に上陸したため、暴風雨、高潮となった。安芸郡役所の集計によると、被害は死者33人、家屋... 続きを読む