昭和10年8月の台風

災害年月日
1935年08月28日
市町村
香川県東讃地方
災害種類
風水害  高潮  
概要
昭和10年(1935)8月28日~29日、台風により、東讃地方の降水は100~200ミリに達し、河川増水と高潮のため、各所で浸水した。(気象庁「気象要覧」による)/被害は家屋の全壊3戸、浸水1,300戸、橋流失5箇所、堤防決壊8箇所、田畑冠水130町に及んだ。(「日本台風資料」による)/多度津の最大風速は西北西13.9m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、38頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 高潮 気象要覧 堤防決壊 日本台風資料
NO.
香川5336

よく似た災害

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月16日~19日の台風14号により、県下の被害は死者4人、負傷者7人、家屋の全壊12戸、半壊8戸、流失1戸、床上浸水127戸、... 続きを読む

大正9年の台風

image

大正9年(1920)8月15日、台風に伴う大豪雨により、幡多郡は大きな被害を受けた。下川口村では家屋の全壊21戸、半壊11戸、流失3戸、浸水187戸、... 続きを読む

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)7月1日、台風6号(ケイト台風)により、雨量は最多の那賀地域で250ミリ以上、大枝で210ミリとなった。被害は家の全壊1戸、床上... 続きを読む

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)7月1日、台風6号(ケイト台風)により、雨量は最多の那賀地域で250ミリ以上、大枝で210ミリとなった。被害は家の全壊1戸、床上... 続きを読む

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)7月1日、台風6号(ケイト台風)により、雨量は最多の那賀地域で250ミリ以上、大枝で210ミリとなった。被害は家の全壊1戸、床上... 続きを読む