昭和26年2月の大雪

災害年月日
1951年02月14日
市町村
香川県
災害種類
雪害  
概要
昭和26年(1951)2月14日、低気圧が四国南方海上を北東進したため、香川県下は昭和6年以来の大雪となり、交通、通信に被害が生じ、夏みかん、びわ等の農作物にも被害があった。(高松地方気象台「異常気象速報」による)/県内の積雪10~45cm。(月表による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、49頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大雪 低気圧 異常気象速報
NO.
香川5373

よく似た災害

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月15日、豪雪によりみかん、松等の枝が折れ、被害が甚大であった。 続きを読む

昭和26年の大雪

昭和26年(1951)2月14日、豪雪により、島内の県道・主要道路が不通となり、農作物に大きな被害があった。 続きを読む

昭和44年3月の大雪

昭和44年(1969)3月12日午前、低気圧が発達しながら四国沖を通ったため大雪となった。陸海空の交通のダイヤは運休などで乱れるとともに、ビニールハウ... 続きを読む

昭和44年3月の大雪

昭和44年(1969)3月12日午前、低気圧が発達しながら四国沖を通ったため大雪となった。陸海空の交通のダイヤは運休などで乱れるとともに、ビニールハウ... 続きを読む

昭和44年3月の大雪

昭和44年(1969)3月12日午前、低気圧が発達しながら四国沖を通ったため大雪となった。陸海空の交通のダイヤは運休などで乱れるとともに、ビニールハウ... 続きを読む