昭和26年のケイト台風

災害年月日
1951年07月01日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
昭和26年(1951)7月1日~2日、ケイト台風が四国地方を通過したため、風雨が強まり、非住家被害、道路損壊、電柱倒壊、船舶破壊、農作物被害等があった。(気象庁「気象要覧」による)/高松の最大風速は東北東17.6m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、49-50頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
ケイト台風 気象要覧
NO.
香川5374

よく似た災害

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)7月1日、ケイト台風により鏡村では公共施設、農作物に多くの被害が出た。(高知新聞による) 続きを読む

昭和25年1月の風雨

昭和25年(1950)1月30日~31日、低気圧が日本海を進んだため、多量の雨が降り、引き続き寒冷前線が通過して突風が吹き、家屋破損1戸、田畑浸水35... 続きを読む

昭和29年2月の大雪

昭和29年(1954)2月13日~14日、大雪のため、香川県の平地部で4cm、山間部で10cmの積雪があった。電柱倒壊、電線切断などの被害があった。(... 続きを読む

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)7月1日23時、ケイト台風が宿毛清水間に上陸、須崎沖から安芸を経て大阪方面へ。降雨多く引き続いて梅雨前線による豪雨があった。 続きを読む

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)7月1日、台風6号(ケイト台風)により、雨量は最多の那賀地域で250ミリ以上、大枝で210ミリとなった。被害は家の全壊1戸、床上... 続きを読む