安政4年の地震

災害年月日
1857年10月12日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
安政4年(1857)8月25日午前9時頃、伊予全域を襲った大地震が起こった。「松山叢談」によると、この地震のために家中からの差上米を100石に5俵の割合で軽減したとあるので、松山城下での被害も大きいものであった。伊予郡西高柳村の「大西家永代日記覚」によると、家屋、堤防、田地等の被害があったことが分かる。「塩屋記録」によると、郡中の灘町・湊町・三島町付近でが家屋・門塀の倒壊によって数人の死傷者が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛媛県史編さん委員会編「愛媛県史 近世下」(愛媛県、1987年)、485頁及び491-492頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 松山叢談 大西家永代日記覚 塩屋記録 死者
NO.
愛媛433

よく似た災害

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日5ツ時、地震が起こり、5日7ツ時、大地震が起こった。小松の高鴨神社神主鴨重徳の日記には、小松町の恵比須宮の鳥居が倒れ、玉... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日東南海道沖地震、5日南海道沖地震、7日伊予西部地震が起きた。「桜田親興日記」によると、宇和島では5日の大地震により家屋が... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日朝方、東海道沖で強震があり、土佐でも震動を感じ、鈴浪があった。翌5日午後4時過ぎに南海道沖で大地震が起こり、大津波が来襲... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日16時35分頃、地震が発生した。高知県の被害は流家3,818軒、全壊4,815軒、破損家10,289軒、焼失家屋3,30... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日16時35分頃、地震が発生した。高知県の被害は流家3,818軒、全壊4,815軒、破損家10,289軒、焼失家屋3,30... 続きを読む