昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震(M8.1)が起こった。四国の南部では著しく土地が隆起し、四国北部では沈下した。沈下は新居浜市付近で55cm、郡中(伊予市)で30cm、高縄半島の各地で25~30cmほどであった。このため、海岸部では水田が一部水没したり、水田に海水が浸入したり、飲料水に塩水が混入したほか、海岸侵食が活発になるなど被害を被った。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
愛媛県史編さん委員会編「愛媛県史 地誌Ⅰ(総論)」(愛媛県、1983年)、199頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下
NO.
愛媛434

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、大地震が襲った。瀬戸内海沿岸では地盤沈下が顕著になった。建設省地理調査所の測量結果によると、新居浜付... 続きを読む

昭和25年5月の高潮

昭和25年(1950)5月18日1時頃、大川郡引田小学校付近で満潮時に海水が浸入し、40haの田畑が冠水した。(四国新聞による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日暁方、南海地震が起こり、四国も強震で、人畜の傷害、家屋の倒壊、交通機関の途絶等被害大きく、地盤は沈下し、海岸への海水... 続きを読む

昭和25年11月の強風

昭和25年(1950)11月14日14時頃、満潮と強風のため、仲多度郡白方村沿岸で石垣が崩れ、家屋に海水が浸入した。(四国新聞による)/高松の最大風速... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、大川郡では三豊郡と並んで沈下被害が大きかった。相生村では沈下後高潮が浸入、水田約35町歩で収穫皆無... 続きを読む