大正10年の洪水

災害年月日
1921年06月00日
市町村
香川県観音寺市(豊浜町)
災害種類
風水害  
概要
大正10年(1921)6月、連日雨が降り、各溜池は満水状態になっていた。茨谷池も堤防の地盤がゆるみ、堤防が決壊し、白坂川一帯が洪水となった。このため、長谷集落の民家およそ8戸が全壊または流失し、半壊、一部破損も数軒あった。また、長谷、道溝などの良田約5町歩が流失、荒廃した。豊浜町と和田村の境界付近は予讃線の道床が高く築かれていたため、これで大水は防止された。(「豊浜町誌」による)/復旧工事完成後に、茨谷池は鶴亀池と改められた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、181頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 茨谷池決壊 白坂川 長谷 鶴亀池
NO.
香川5509

よく似た災害

大正10年の洪水

image

大正10年(1921)6月、三豊郡和田村の茨谷池の堤防が崩壊した。連日の雨で、各池は満水となり、地盤は軟弱になり、池係りの人や村民が警戒していたが、一... 続きを読む

大正10年の洪水

大正10年(1921)、洪水により、豊中町に被害。茨谷池崩壊。(「理科年表」による) 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)8月30日、大洪水。当時7歳の人が書いた手記が掲載されている。この手記には、洪水時に流木や牛が流れていた様子や、小学校の教室の壁に... 続きを読む

大正15年の洪水

大正15年(1926)9月、洪水により国分川の堤防が壊れ、濁流が押し寄せて今土居、水張、源兵衛、長場江などの堤防が崩れ、大津村は一面の泥海となった。死... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日夜から23日午前にかけて襲来した台風により、春日川上流の西植田村では家屋の流失・浸水、中谷青池の堤防決壊、道路の破損等の... 続きを読む