天保5年の台風

災害年月日
1834年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
天保5年(1834)、暴風雨があり、平井出水に多量の土砂が崩れ込んだ。平井出水の「出水ざらえ」と称する土砂の浚渫については、昔から下林村(高松市林町)と上多肥村(高松市多肥上町)の間で紛争が絶えなかった。天保5年にも、土砂の浚渫をめぐって両村は対立したまま翌年を迎え、困った藩は仕方なく、出水ざらえを藩の直営工事として行った。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
香川県土地改良事業団体連合会編「香川県土地改良事業団体連合会50年史」(香川県土地改良事業団体連合会、2008年)、378-381頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 平井出水 出水ざらえ 下林村 上多肥村
NO.
香川5531

よく似た災害

大正13年の干ばつ

image

大正13年(1924)夏、大干ばつとなり、鹿の出水をめぐる伏石村と多肥村の水争いが起こった。8月21日、伏石の農民たちは鍬やジョウレンを持って、夜中に... 続きを読む

天保3年の干ばつ

天保3年(1832)6月から8月にかけて、大干ばつ。(高松市史年表による) 続きを読む

天保2年の干ばつ

天保2年(1645)、領内大日照りのため、406の池を創築した。今までの960を加えると1,366になる。(「高松市史年表」による) 続きを読む

天保6年の台風

天保6年(1835)、大風、洪水。(高松藩の災害記録)/小豆島で大風、洪水により、渕崎村を中心に水田に土砂流入。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)春の降雨が少なく、7月~9月に雨が降らなかった。鹿の井伏石掛110余町歩は水がなく、各自所有の用水堀でかろうじて植え付けをしたの... 続きを読む