宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県田野町
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、地震が起こり、翌朝まで10回余りの大津波が寄せ、町辺の家は非常な被害を受けた。日本で記録された最大の地震である。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
安岡大六著「田野文化史」(田野町、1952年)、214頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波
NO.
高知4

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、紀州沖大地震、日本古来最大の地震で、死者多し。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、東海道、畿内、南海道で大地震と津波が起こった。当領内の家や人畜の被害は不明であるが、下三村の干拓新田は地盤沈下と堤防の... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、紀州沖大地震、津波により、潰家、溺死人多し。(「阿波志」による)(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日16時頃、M8.6の地震が発生した。この地震は、京都付近の寺社家屋の被害状況から、南海地震の中で最大の地震と推定され、宝永... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日16時頃、M8.6の地震が発生した。この地震は、京都付近の寺社家屋の被害状況から、南海地震の中で最大の地震と推定され、宝永... 続きを読む