安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県東洋町
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日、5日に地震が発生し、その後翌年1月まで余震が続いた。野根浦大庄屋安岡家に伝わる「嘉永七年十一月四日寅大変日記覚」には、11月4日から翌年1月2日までの地震・津波の様子、他村の模様、損害高などが記されている。これによると、11月4日朝9時頃に地震が起こり、11時頃から6、7尺の津波が3度ほど襲来したこと、また翌5日七ツ半(18時)大地震が起こり、人家、石垣等が多く損壊し、所々で出火するとともに。津波により人家が流失したことなどが示されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
山岡亀太郎編「野根諸記録」(野根図書館、1967年)、27-36頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 安岡家 嘉永七年十一月四日寅大変日記覚
NO.
高知10

よく似た災害

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日午前9時頃、大地震が起こり、翌5日夜明けまで地震が5、6度に及んだ。5日8時頃大震、12月にも強震がった。人々は竹藪の中... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日、M8.4地震、津波。(「宿命の浅川港」による)なお、この年の11月27日に、嘉永から安政に改元されたため、嘉永7年の地... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝8時に地震が始まり、1時間程続き、12時頃から夕方までに海岸地帯では大津波が10度押し寄せ、4回目の波が最高の1丈5尺... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日昼4ツ時(10時)地震が起こり、夜5ツ時(8時)頃から夜明けまでに3、4度地震が続いた。翌5日は昼8ツ時(午後2時)頃に... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日午前9時頃、遠州灘を震源とするM8.4の大地震が起こり、大津波が房総から高知沿岸に襲来した。この地震から32時間後の5日... 続きを読む