天武天皇13年の地震

災害年月日
6841年12月6日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
地震・津波  
概要
白鳳13年(684)10月14日、大地震が発生し、九州、南海、東海一帯は大災害を受けた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
奈半利町史編纂委員会編「奈半利町史」(奈半利町、1986年)、453頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
白鳳地震
NO.
高知11

よく似た災害

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、南海道沖の大地震により、東海道、四国、九州一帯は大被害を受けた。余に白鳳の大地震という。日本書紀によると、「人民... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、土佐沖大地震。(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、南海道沖大地震(徳島県の災害)。 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、白鳳の地震が発生した。土佐沖大地震とも言われているが、阿波国内でも相当の被害があったという。(「阿淡年表秘録」、... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震が発生した。「続日本記」には「土佐国の田苑50余万項没して海となる」と記されており、伝説では室戸岬から足摺岬の... 続きを読む