宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日午後2時頃、大地震が発生し、奈半利では栃が上下左右に揺れ動き、翌朝までに11回の大津波が来襲し、立横町、西町にも大波が打ち寄せ、大円寺をはじめ多くの家屋が流出、潰家されたと伝えられている。羽根裏八幡宮板書には「未刻俄に磯より沖え三町余も潮干其より大潮入る、財宝尽く流出、達者でない者や逃遅れた者は残らず大潮に引かれ死」と書かれている。(「羽根村史」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
奈半利町史編纂委員会編「奈半利町史」(奈半利町、1986年)、453-454頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 死者
NO.
高知13

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日の大地震は、日本の記録以来最大のもので、津波が翌朝まで11度も押し入っている。羽根浦八幡宮板書には、末刻俄に磯より沖へ三... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日昼過ぎに大地震が起こり、「万変記」によると、当日から翌日にかけて11、2回の大津波が襲ったようである。羽根では正午頃俄に... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の大地震が起こった。県内の死者1,844人、津波等で流出した家が11,170軒、潰れた家4,869軒と伝えられ... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未の上刻(14時頃)、猛烈な地震が起こった。亥の大変と言われている。地震後に大津波が来襲し、土佐の沿岸は大惨状を呈したと... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日未刻(午後2時)、大地震が起こり、その後津波が襲来した。浅川の観音庵前の「宝永ノ津波」碑には、高さ3丈余(約9m)の津波... 続きを読む