明治34年の小見山池の決壊

災害年月日
1901年04月12日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  
概要
明治34年(1901)4月12日、小豆島西村村の小見山池が決壊し、田784㎡、畑5,946㎡、藪784㎡、山林198㎡流失。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
蛙子池土地改良区・土庄町編「伝法川水系治水利水史」(蛙子池土地改良区・土庄町、1985年)、124頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
小見山池決壊
NO.
香川5638

よく似た災害

明治34年の風雨

明治34年(1901)、風雨のため、小豆島の西村村の小見山池が決壊。田784㎡、畑5,946㎡、藪784㎡、山林198㎡流失。 続きを読む

正保2年の井関池の決壊

image

正保2年(1645)7月、大雨のため、井関池が決壊した。 続きを読む

昭和21年の大谷池の決壊

image

昭和21年(1946)5月9日、大雨により大谷池が決壊。 続きを読む

正保元年の井関池の決壊

image

正保元年(1644)8月、井関池が決壊した。井関池はこの年2月に完成したばかりであった。 続きを読む

慶安元年の井関池の決壊

image

慶安元年(1648)、井関池が決壊した。新田開拓のために入植した農民たちも動揺し、逃げ出す者も出始めた。 続きを読む