明治29年の洪水

災害年月日
1896年08月30日
市町村
香川県土器川流域
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)8月30日、土器川、金倉川大水、大水害。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局香川工事事務所編「土器川-直轄改修20周年を迎えて-」(四国建設弘済会、1988年)、22頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
水害 土器川 金倉川
NO.
香川5699

よく似た災害

大正7年の台風

大正7年(1918)9月14日、激しい暴風雨があり、土器川と金倉川が氾濫した。土器川沿いの土居町、風袋町、瓦町で床上浸水したところが多かった。金倉川の... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)9月14日、暴風雨により土器川、金倉川が氾濫し、土居町、風袋町、瓦町、上金倉、下金倉などでは家屋が床上浸水したところがあった。 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)8月30日、紀伊半島から能登半島方面へ北上した台風による大雨で、金倉川流域では205ミリの大雨が降って河川が氾濫した。24時間の... 続きを読む

明治32年の風雨

明治32年(1899)8月28日、大雨が降り、風が強かった。香川県では中央部で被害が最も大きく、河川の堤防決壊13箇所、破損90箇所に及んだ。被害は丸... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)9月13日~14日、大暴風雨で金倉川架橋の5橋流失。 続きを読む