宝永4年の地震

災害年月日
1707年00月00日
市町村
高知県安芸郡
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)、大地震により上下左右に揺れ、翌朝まで10回余りの大津波が襲来した。安芸郡の被害は甚大で、甲浦では潮が山際まで入り、白浜、生実では波が入って家が少々流れた。浮津、元では田地の三分の一、吉良川、羽根から川北までは平野の全部に潮が入り、安芸平野は半分程、赤野は全部潮が入り、和食では平野に少し入った。元、奈良師、浮津、耳崎の家が30軒程流失した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
安岡大六著「安芸郡史考」(安芸市、1955年)、289頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波
NO.
高知23

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月、大地震があり、夜半に大津波が起こって、田野平野は一面に海水が入り、潰家や死者も相当あったようである。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日昼過ぎに大地震が起こり、「万変記」によると、当日から翌日にかけて11、2回の大津波が襲ったようである。羽根では正午頃俄に... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)、夜半に大地震が発生し、大津波が起こり、奈半利平野は一面に海水が入り、潰家、流出があり、死者も相当あったと伝えられている。 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午前9時、大地震が起こった。山は崩れ、家は倒れ、大地の割れ目から潮が湧いた。その上、午後1時から大潮が来て、家屋は全部流... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午前9時、大地震が起こった。山は崩れ、家は倒れ、大地の割れ目から潮が湧いた。その上、午後1時から大潮が来て、家屋は全部流... 続きを読む