慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県室戸市
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日亥の刻(午後10時頃)、大地震が発生した。崎之浜談議所の住僧権大僧都の阿闍梨「暁印の置文」によると、津波によって国々の浦は破損滅亡し、流死者は崎の浜で50人余、西寺・東寺の麓の浦(浮津、室津、津呂辺り)で400人余、甲浦で350人余、宍喰で3,806人余などと記されている。また、宮崎竹助の「三災録」には、海部郡鞆津に記念碑があり、慶長地震について銘文を刻んでいることを述べている。
地理院地図
Googleマップ
備考
崎之浜談議所は、現在の佐喜浜の大日寺である。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
室戸町誌編集委員会編「室戸町誌」(室戸町、1962年)、153-155頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波 死者 暁印の置文 三災録
NO.
高知28

よく似た災害

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、大地震が起こった。津波による死者は甲浦で350人余、佐喜浜で50人余、宍喰で1,500人余、室戸周辺で400人余など... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、大地震が起こった。佐喜浜の大日寺の前身、談義所に滞留していた客僧の暁印は、この時の見聞記録を残している。この「暁印の... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こった。鞆浦北町の大岩記には、亥の刻(午後10時)に大海三度鳴り、高さ10丈の逆浪が7度来たため、男女100... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震、津波が起こった。「南路志」によると、「暁印の置文」では16日夜、大地震が起こり、大津波が押し寄せ、崎浜では50... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こった。佐喜浜の談義所(今の大日寺)にいた僧侶暁印は、この時の見聞記録を残している。この「暁印の置文」による... 続きを読む