昭和43年の大雪

災害年月日
1968年02月14日
市町村
香川県
災害種類
雪害  
概要
昭和43年(1968)2月14日夜から降り出した雪は、翌15日午後2時過ぎから勢いを強め、明治40年2月11日以来61年ぶりの豪雪となった。山間部で110ミリもの積雪を記録し、高松、坂出、観音寺などの商店街16箇所でアーケードが倒壊、通行人2人が重軽傷を負った。高松地方気象台は、県史上初の「大雪警報」を発令した。県、県警、国鉄四国支社は対策本部を設置し、小・中・高校103校も授業を午前中で切り上げて事故防止に努めた。県の調べでは、農林関係を中心に総額71億400万円の被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
西川泰編著「日本の災害」(四国新聞社、1972年)、頁なし
情報源の種類
その他文献等
キーワード
豪雪 アーケード倒壊 大雪警報
NO.
香川5899

よく似た災害

昭和56年の渇水

昭和56年(1981)9月、渇水のため渇水対策本部を設置。池田水利組合の大池から分水を受けた。渇水対策本部を開催したのは、翌57年5月であった。 続きを読む

昭和54年の地すべり

昭和54年(1979)4月9日、大川持第3組で地すべり。9日午後6時30分、役場に災害対策本部を設置した。 続きを読む

昭和55年の大雪

昭和55年(1980)12月30日、大雪。八幡浜観測所の最深積雪28cm、農作物(果樹の樹体)に被害。30日に雪害対策本部を設置、被害総額700万円。... 続きを読む

昭和53年の干ばつ

昭和53年(1978)8月4日~9月2日の総降水量は1.8ミリの干ばつで、8月30日に伊方町は干ばつ対策本部を設置し、9月3日には大雨乞い。干害対策応... 続きを読む

昭和41年の干ばつ

昭和41年(1966)8月13日、干ばつのため県干害対策本部を設置。 続きを読む