昭和35年の火災

災害年月日
1960年08月20日
市町村
香川県高松市
災害種類
火災  
概要
昭和35年(1960)8月20日午後1時20分頃、高松市新湊町(現西の丸町)の国鉄旧高松本駅の元駅長室付近から出火、同建物2,170㎡を全焼、隣接の国鉄四国支社の木造二階建て庁舎と同支社の付属の建物合わせて3,932㎡も焼き、火はさらに旧駅前の旅館街に延び、付近の民家42世帯と会社など10社を焼き尽くし、同4時半頃鎮火した。出火と同時に高松消防署はじめ県下の消防車約80台が出動、県警本部も近郊5署の警官300人を動員して消火と雑踏警備にあたったが、60数人が重軽傷を負った。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
西川泰編著「日本の災害」(四国新聞社、1972年)、頁なし
情報源の種類
その他文献等
キーワード
火災 高松本駅
NO.
香川5900

よく似た災害

昭和4年の火災

昭和4年(1929)10月28日未明、浜町の映画館付近から出火し、同館をはじめ住家20戸が焼け、3人が負傷した。損害は20万円と言われた。 続きを読む

昭和45年1月の火災

昭和45年(1970)1月25日午後1時頃、段の養鶏場裏山付近から出火、雑木林など約20haを焼いたが、消防団員らの必死の消防活動で午後4時頃消し止め... 続きを読む

大正9年の宇多津町役場庁舎の火災

大正9年(1920)1月22日午前4時頃、宇多津町役場小使室より出火し、強風にあおられて大火となった。消防夫が駆けつけたときには既に手の着けようもない... 続きを読む

昭和46年の火災

昭和46年(1971)6月8日未明、宮浜中学校から出火、本館など4棟と隣接の上那賀町役場庁舎1棟を全焼して、午前4時過ぎに鎮火した。消火には地元消防団... 続きを読む

昭和24年5月の火災

昭和24年(1949)5月6日、中村町で出火、運送会社の50余個のガソリン缶に引火し、連続爆発により大火となった。住家9棟、非住家5棟、トラック4台を... 続きを読む