慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県室戸市
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日夜、地震が発生し、津波により浦々破損滅亡した。崎の浜でも50人ほど流死した。山田之庄郷の山田助右衛門という侍は夫婦息子ともども波に取られて朝の露と消えた。西寺・東寺の麓の浦でも400人余が死んだ。また、甲浦では350人余、宍喰では3,806人余が死んだ。この時、野根の浦には潮が入らず、七不思議であった。伝聞によると、東と南向きの地域では潮が入り、西と北向きの地域では震動だけで、潮は入らなかったという。(「暁印の置文」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
「暁印の置文」は崎之浜談議所に滞在していた客僧の阿闍梨暁印による見聞記録である。崎之浜談義所は現在の佐喜浜の大日寺である。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
室戸市史編集委員会編「室戸市史 上巻」(室戸市、1989年)、599頁及び600-602頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波 死者 暁印の置文
NO.
高知41

よく似た災害

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こった。佐喜浜の談義所(今の大日寺)にいた僧侶暁印は、この時の見聞記録を残している。この「暁印の置文」による... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こった。佐喜浜の談義所(今の大日寺)にいた僧侶暁印は、この時の見聞記録を残している。この「暁印の置文」による... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が発生した。津波により崎の浜(佐喜浜)で500人流死し、西寺、東寺の麓の浦々でも400人余、甲浦では350人、宍... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、大地震が起こった。佐喜浜の大日寺の前身、談義所に滞留していた客僧の暁印は、この時の見聞記録を残している。この「暁印の... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日22時頃、南海道沖と関東沖の2つの地震が同時に発生したものと考えられる。この地震に関する高知県の記録は、書かれた文書が... 続きを読む