寛政3年の干ばつ

災害年月日
1791年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
寛政3年(1791)、干ばつのため、成合と鹿角が水喧嘩が起こった、横井の堰を切ろうとする成合と、切らせまいとする鹿角の両村が対立した様子は「宇治川の合戦のごとし」であった。(「さぬき一宮郷土誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
和田一範・松尾裕治・山本基・武田由美子「四国に伝わる災害の教訓に関する考察」(土木学会土木史研究委員会編「土木史研究講演集Vol.27」2007年)、307頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
干ばつ 水争い 成合 鹿角 さぬき一宮郷土誌
NO.
香川5926

よく似た災害

寛政3年の水論

寛政3年(1791)夏、日照り続きで、7月6日には干ばつの被害を受けた成合村の百姓と鹿角村の百姓との間で水論が起こり、激しい水喧嘩となった。新水戸にあ... 続きを読む

寛政4年の洪水

寛政4年(1792)、洪水。田村でも被害が相当あった様子であるが、特筆するだけのまとまった資料がない。 続きを読む

元禄14年の干ばつ

元禄14年(1701)、大干ばつ。田村でも被害が相当あった様子であるが、特筆するだけのまとまった資料がない。 続きを読む

大正12年の大干ばつ

image

大正12年(1923)8月から9月にかけて40余日打ち続く干ばつに困り果てた萩原村が、大谷池の横井水溜まりの地面を掘り割って集水し発動機で揚水している... 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)、大洪水。田村でも被害が相当あった様子であるが、特筆するだけのまとまった資料がない。 続きを読む