大正9年の台風

災害年月日
1920年07月24日
市町村
高知県安芸市
災害種類
風水害  
概要
大正9年(1920)7月24日、台風が須崎方面に上陸した。県東部は24日午後から翌早朝にかけて非常な豪雨に見舞われ、山崩れ、河川の氾濫による被害は甚大であった。井ノ口では、安芸川、小谷川、帯谷川が決壊し、多くの家屋が浸水し、美田は瓦礫化した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
ふるさとの今昔をさぐる子どもと若人と大人の会編「ふるさとのいまとむかし」(ふるさとの今昔をさぐる子どもと若人と大人の会、1986年)、237-238頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 井ノ口 安芸川 小谷川 帯谷川
NO.
高知1425

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜半、台風が高知付近に上陸した。愛媛県では風雨ともに強く、各地で河川が氾濫し、県下全域に被害が出た。宇摩郡では金生川の氾... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風による被害は甚大であった。 続きを読む

昭和29年のジューン台風

昭和29年(1954)9月13日、ジューン台風による被害は甚大であった。 続きを読む

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月、重信川では洪水による被害は甚大で、破堤は数箇所に及んだ。 続きを読む

大正元年の台風

image

大正元年(1912)9月22日から23日にかけての台風は、豪雨による河川の増水、氾濫による洪水被害が甚大であった。一宮では、家屋の浸水、田畑の流失など... 続きを読む