昭和38年の山火事

災害年月日
1963年02月24日
市町村
高知県安芸市
災害種類
火災  
概要
昭和38年(1963)2月24日14時、山田東上の片地山から出火し、火は片地山から沢ノ平の山野、内原野公園の裏山まで延焼した。各市町村消防団の活動により、民家に類焼することなく、25日8時頃鎮火した。焼失面積は128haに及んだ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
ふるさとの今昔をさぐる子どもと若人と大人の会編「ふるさとのいまとむかし」(ふるさとの今昔をさぐる子どもと若人と大人の会、1986年)、240頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山火事 片地山
NO.
高知1428

よく似た災害

昭和3年の山火事

昭和3年(1928)2月25日、横倉山の村道松久保線付近で道路改修工事のためのダイナマイトの飛び火が落ち葉に着火し、堂ノ尾山から下司山まで延焼して山林... 続きを読む

昭和32年の床鍋の火災

昭和32年(1957)3月14日午前11時半頃、窪川町床鍋の民家から出火し、民家を全焼するとともに、付近の山林に飛び火し、午後3時鎮火した。当日は12... 続きを読む

昭和22年2月28日の山火事

昭和22年(1947)2月28日午前11時頃、口鴨川、藤ノ山から出火し、50町歩を焼いて、午後6時頃鎮火した。損害30万円。(中村市消防署資料による)... 続きを読む

昭和35年の床鍋の山火事

昭和35年(1960)2月10日、窪川町床鍋の国有林から出火し、窪川町消防団及び窪川営林署員が出動した。翌11日に鎮火した。 続きを読む

昭和35年の檜生原の山火事

昭和35年(1960)2月3日、大正町吉川の国有林から出火し、窪川町檜生原に延焼し、窪川町消防団が出動した。翌4日に鎮火した。 続きを読む