宝暦元年の台風

災害年月日
1751年07月04日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
風水害  
概要
宝暦元年(1751)6月12日から吹き始めた風雨は、17日の夜には大暴風雨となり、18日の夜半、奈半利の海浜に打ち上げ、人家に大損害を与えた。死者23人、船三艘が流出した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
奈半利町史編纂委員会編「奈半利町史」(奈半利町、1986年)、450頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者
NO.
高知1429

よく似た災害

宝暦元年の台風

宝暦元年(1751)6月11日から風が吹き始め、17日の夜には大暴風雨となり、18日の夜半、奈半利の浜辺に大波が打ち上げ、人家にも大損害を与えた。死者... 続きを読む

安永3年の台風

安永3年(1774)6月23日の暴風雨で、加領郷の人家21軒のうち、一家のみ残してほかはすべて高波に打ち壊され、死者3人、漁船16艘が流失した。 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1954)9月、伊勢湾台風は高潮を伴い、都呂の海岸に打ち上げた大波が数戸の家屋を倒壊し、死者2名、国道の途絶をもたらした。また、漁船30隻... 続きを読む

明和8年の台風

明和8年(1771)8月20日夜から大暴風雨となり、長法寺の銀杏の大木が倒れて本堂にもたれた。福田寺の大松が大門にかやり、人家の瓦はほとんど飛び、漁船... 続きを読む

宝暦7年7月の台風

宝暦7年(1757)7月26日、大暴風雨が来襲し、洪水と高波が打ち寄せ、天神の人家が半分ほど流出した。海岸、河岸は流出した材木等でうまった。 続きを読む