安永3年の台風

災害年月日
1774年07月31日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
風水害  
概要
安永3年(1774)6月23日の暴風雨で、加領郷の人家21軒のうち、一家のみ残してほかはすべて高波に打ち壊され、死者3人、漁船16艘が流失した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
奈半利町史編纂委員会編「奈半利町史」(奈半利町、1986年)、450頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者
NO.
高知1433

よく似た災害

安永3年の台風

安永3年(1774)6月23日、大風雨と大波により、加領郷の磯辺の家21軒のうち、一家のみ残してほかはすべて高波に打ち潰され、死者3人、漁船16艘が流... 続きを読む

安永8年の大雨

安永8年(1779)8月20日~25日、大雨が降り、高波のため人家が流失した。 続きを読む

安永3年9月の台風

安永3年(1774)9月1日夜9ツ(午前4時)から大風が吹き出し、大浪が町中に打ち込み、東町、中芝、前芝の家は残らず打ち潰れ、衣類、器物は流出した。新... 続きを読む

昭和21年の大谷池決潰

昭和21年(1946)5月9日午前5時30分頃、大谷池の副堤の一部から漏水し始め、午前8時に決壊、8時30分頃にはすべての池水が流失した。荒れ狂う濁流... 続きを読む

安永9年の洪水

安永9年(1780)、洪水があり、井の内谷が大氾濫して井関の庚申碑が流失した。 続きを読む