文久2年の台風

災害年月日
1862年11月25日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
文久2年(1862)10月4日、暴風雨により仁淀川・物部川・安芸川等の河川に被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
奈半利町史編纂委員会編「奈半利町史」(奈半利町、1986年)、451頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知1439

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜半、台風が高知付近に上陸した。愛媛県では風雨ともに強く、各地で河川が氾濫し、県下全域に被害が出た。宇摩郡では金生川の氾... 続きを読む

大正12年の大雨

大正12年(1923)7月11日~12日、梅雨前線のため豪雨となり、県下の各河川は増水し、特に中予・南予に大きな被害をもたらした。温泉郡では重信川、石... 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月30日、台風16号により、河川1箇所、海岸1箇所に被害が出た。 続きを読む

昭和54年の台風20号

昭和54年(1979)10月19日、台風20号により、道路3箇所、河川1箇所に被害が出た。 続きを読む

平成5年の台風7号

平成5年(1993)8月10日、台風7号により、那賀川流域では降雨となり、古庄地点の最大流量は約5,900立米/秒となった。このため、下流部で捨石及び... 続きを読む