明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、降雨量722ミリの雨台風により、奈半利川も氾濫し堤防が決壊した。台風は9月8日、9月21日と連続して発生し、これに秋雨前線が重なり、稲作は大きな被害を受けた。この年は気象台開設以来最低の低温を記録し、農作物は大不作となり、飢饉の年となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
奈半利町史編纂委員会編「奈半利町史」(奈半利町、1986年)、451頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 奈半利川
NO.
高知1440

よく似た災害

大正4年の風害

大正4年(1915)、西のカラ風吹き続き、空穂となり、稲作は全滅的大被害を受けた。 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月、キジア台風により、稲作は大被害を受けた。村の生産目標の2割5分、また風害に誘発された病虫害を加えて、村の耕地の4割4分が被... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月21日、台風が室戸岬に上陸後、北東進して阪神地方に上陸した。この年は台風の当たり年で、8月24日、10月2日も台風があり、その... 続きを読む

宝永7年の台風・高潮

宝永7年(1710)7月26日、大暴風雨による高潮のため、海岸地帯の稲作は全滅となり、他の地域でも大凶作となり、飢饉のためこの年秋の年貢は御免となった... 続きを読む

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月10日~11日、台風が四国西部に上陸し、県全域が暴風雨。相生村は農作物の多大な損害を受け、稲作は約3割の減収。引田町の雨量1... 続きを読む