昭和29年の台風

災害年月日
1954年08月18日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1954)8月18日、雨台風により、魚梁瀬では347ミリの降雨量を記録し、奈半利川は大増水した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
奈半利町史編纂委員会編「奈半利町史」(奈半利町、1986年)、453頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 奈半利川
NO.
高知1444

よく似た災害

大正元年9月の台風

大正元年(1912)9月22日、台風により、田野では432ミリの降雨量を記録した。奈半利町では倒壊家屋約20戸、死者10数人を出し、多気坂本神社の大杉... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、降雨量722ミリの雨台風により、奈半利川も氾濫し堤防が決壊した。台風は9月8日、9月21日と連続して発生し、これに秋... 続きを読む

昭和8年の台風

昭和8年(1933)9月、暴風雨。奈半利川は川口が東方に向いていたが、奈半利川橋から現在のようにまっすぐに流れ出した。 続きを読む

平成元年9月2日の豪雨

平成元年(1989)9月2日~3日、前線による豪雨のため、上名で203ミリの降雨量を記録し、町道、農道で22件の被害。 続きを読む

昭和31年の台風15号

昭和31年(1956)9月25日、台風15号により仁淀川は大増水した。 続きを読む