慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県香南市(赤岡町)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日夜、大地震が起こり、夜半に津波が押し寄せた。安芸郡を中心に東部海岸の被害が特にひどかったと言われている。(谷秦山らの筆録による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
赤岡町史編集委員会編「赤岡町史」(赤岡町教育委員会、1980年)、225-226頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波 谷秦山
NO.
高知59

よく似た災害

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風により、暴風雨、洪水。風の被害が特にひどかった。 続きを読む

昭和4年の干ばつ

昭和4年(1929)7月~8月、大干ばつ。西讃の干害が特にひどかった。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による) 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)7月、8月、干ばつ。高松・三豊平野が特にひどかった。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による) 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震が発生し、土佐の国全域が大きな被害を受けたと言われている。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、東海、南海、四国沖にわたる巨大地震が発生し、地震後、伊豆下田以西九州に至る海岸に津波が襲い、伊豆下田、熊野灘沿岸、紀伊... 続きを読む