昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日午前4時半頃、室戸台風が加領郷付近に上陸し、室戸岬測候所では風速66mの世界的記録を観測した。この時、満潮だったため高波が押し寄せ、平松の南に材木が漂流したほどで、死者6人、流失家屋100余戸、船の流失73艘などの被害を出した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
安岡大六著「奈半利町史考」(奈半利町、1953年)、160-161頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 高波 死者
NO.
高知1468

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風は奈半利町を直撃した。午前1時頃ものずごい大暴風雨となったが、5時頃には天気は回復した。しかし、2、30分後に... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

image

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、松の大木が無数に倒れ、長楽寺の鐘楼が倒壊した。崖崩れ、谷川の氾濫、家屋の傷みなど被害は甚大と言わざるを... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

image

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、松の大木が無数に倒れ、長楽寺の鐘楼が倒壊した。里芋、大根などは葉がことごとく裂かれて全滅した。崖崩れ、... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時、室戸台風が室戸岬の西方に上陸し、徳島の南西方から鳴門海峡、淡路島を通って大阪湾に向かった。21日5時10分に室戸観... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸岬を通過した室戸台風により、高潮被害が発生した。津田地区は被害が最も激甚であった地域として県の援助を受け飲料井戸の... 続きを読む