明治22年の火災

災害年月日
1889年01月02日
市町村
高知県奈半利町
災害種類
火災  
概要
明治22年(1889)旧正月2日正午頃、東浜の西端から出火し、東浜・法恩寺の大部分を焼き尽くして鎮火した。焼失戸数400余戸、焼死1人。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
安岡大六著「奈半利町史考」(奈半利町、1953年)、161-162頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 東浜 死者
NO.
高知1472

よく似た災害

明治22年の火災

明治22年(1889)旧正月2日正午頃、奈半利の東浜の西端から出火し、戸数400戸を焼き尽くし、1人の焼死者を出した。 続きを読む

大正8年の大火

大正8年(1919)5月3日午前8時頃、下田町から出火し、西の強風のため下田小学校が全焼し、さらに飛び火して130余戸を焼き尽くして、正午頃鎮火した。... 続きを読む

寛政元年の火災

寛政元年(1789)1月10日、奈半利の東浜の火事でほとんどを焼き尽くし、東西の人家わずか6軒残った。 続きを読む

寛政元年の火災

寛政元年(1789)1月10日、東浜の火事でほとんどを焼き尽くし、東西の人家わずか6軒残ったという記録がある。 続きを読む

大正7年の大火

大正7年(1918)1月24日午前10時頃、東尾村の西方の山林で山作業していた人が湯を沸かしている間に失火したらしく、火は干天続きで乾ききった草原に燃... 続きを読む