安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県香南市(赤岡町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、関東地方で強震があり、土佐でもかなりの震度を感じた。翌5日午後4時過ぎに大地震が起こり、大津波が襲来した。この地震で、宇佐では120cm隆起し、甲ノ浦では90cm沈下した。土佐藩が幕府に提出した被害記録によると、死者372人、負傷者180人、家屋の焼失2,301棟、流失3,818棟、倒壊4,826棟、半壊10,290棟、田地破損21,530石余、船舶の流失・破損776艘などであった。この災害より、土佐藩は文政3年(1820)以来の定めていた地域別商業圏の規則を緩めた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
赤岡町史編集委員会編「赤岡町史」(赤岡町教育委員会、1980年)、225頁及び227-234頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 地盤隆起 地盤沈下 死者
NO.
高知63

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日にわたり大地震が起こり、それに伴う大津波が襲った。土佐藩から幕府への報告によると、被害は潰家2,935軒、半壊8,... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日にわたり大地震が起こり、それに伴う大津波が襲った。土佐藩から幕府への報告によると、被害は潰家2,935軒、半壊8,... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝方、関東地方で強震があり、土佐でも震動を感じ、沿岸には鈴浪が到達した。翌5日午後4時過ぎ、激震が起こり、ついで大津波が... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝9時頃、熊野灘、演習沖及び駿河湾奥までに及ぶ海域を震源とする巨大地震が発生し、その後大津波により多くの家屋が流失した。... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)、南海地震津波により、土佐市宇佐町では大被害を受けた。この研究では、土佐市宇佐町を対象に、安政南海地震級(M8.4)の地震が発生し... 続きを読む