大正元年の台風

災害年月日
1912年08月23日
市町村
高知県安芸郡
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)8月23日~24日、大暴風雨。安芸郡の被害が最大であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
安岡大六著「安芸郡史考」(安芸市、1955年)、293頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知1507

よく似た災害

大正元年8月の台風

大正元年(1912)8月23日夜、台風が土佐沖を北上して夜須付近に上陸した。東部は烈しい暴風雨、高潮となり、被害甚大であった。安芸郡の被害は死者33人... 続きを読む

大正元年の台風

image

大正元年(1912)8月23日~24日の大暴風雨では、安芸郡の被害が最も大きかった。羽根村では23日午前11時から翌24日午前4時まで吹き、新築の小学... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日~23日、台風により、安芸郡が最も被害を受けた。この時の風速25m/秒、雨量は394ミリとなった。安芸町以東の小学校は全... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日、台風が夜須町に上陸し、安芸郡に多大な被害。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日、台風が土佐沖から夜須町に上陸して、北進した。県下東部は強風、高潮により安芸郡下で死者33人、家屋全壊1,854棟の被害... 続きを読む