明治29年の洪水

災害年月日
1896年08月17日
市町村
高知県室戸市
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)8月17日~18日、土佐西部に洪水。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
十兵衛会編「羽根村史」(羽根村、1957年)、339頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
高知1575

よく似た災害

明治18年6月の洪水

明治18年(1885)6月17日、吉野川に洪水があり、赤痢が流行。(「高川原村史」による) 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)8月18日17時、台風が清水の西部に上陸し、米子に抜けた。県西部の県境は16日から3日間に500~600ミリの雨量があり、被害が... 続きを読む

元禄14年の洪水

元禄14年(1701)8月16日、17日に洪水があり、土佐の損害10万石という。 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により、土佐西部では住家など多くの損害があった。この台風はしだいに東部に移動し、高知城下でも天守閣のシャチホコ瓦... 続きを読む

明治29年の洪水

明治29年(1896)8月17日~18日、幡多西部洪水。(「中村市史」、「宿毛市史」による) 続きを読む