昭和20年の台風

災害年月日
1945年09月00日
市町村
高知県室戸市
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)9月、台風襲来。晩稲の開花期に当たっていたため、稲田は一夜にして白くなり、収穫皆無。終戦後の食糧難に拍車をかけ、その影響は深刻で町民を苦しめた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
佐喜浜郷土史編集委員会編「佐喜浜郷土史」(佐喜浜郷土史編集委員会、1977年)、411-412頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知1627

よく似た災害

昭和21年の干ばつ

昭和21年(1946)、大干ばつがあり、深刻な食糧難に陥った。 続きを読む

昭和22年の干ばつ

昭和22年(1947)、大干ばつがあり、深刻な食糧難に陥った。 続きを読む

昭和24年の干ばつ

昭和24年(1949)8月、干ばつのため、60余日雨が降らず、白干、亀裂、枯死が大半であった。戦後の食糧不足の中、各町村では雨乞い祈願を行った。 続きを読む

昭和45年の長雨

昭和45年(1970)4月~7月、長雨により麦収穫皆無。 続きを読む

天保4年の長雨

天保4年(1833)、長雨が降り続き、その上害虫が発生して稲作と雑穀は収穫皆無となった。 続きを読む